素敵な注文住宅を建てよう!

当サイトは素敵な注文住宅を建てるのに役立つ、理想の住まいを手に入れるためのポイントを解説しています。家づくりを計画しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。注文建築の住宅と建売住宅の代表的な違いに関してもこのサイトで触れています。これらの違いがどこにあるのかを知りたい場合におすすめです。また注文建築の住宅だからこそ可能な様式とは何かも紹介しています。分譲住宅では手に入れることが出来ないような家を建てたい場合におすすめです。

理想の住まいを手に入れるためのポイントを解説

気に入って暮らすことのできるような理想の注文住宅を手に入れたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そのようなときに押さえておきたいポイントの1つは、快適に生活できるかどうかです。
暮らしやすさに配慮することで愛着を持てる家を手に入れられるでしょう。
また家事動線や収納の使い勝手も理想の注文住宅で重要なポイントになります。
これらを考えておかないと、いざ住み始めたときに暮らしにくくなってしまうかもしれません。

自分たちのライフスタイルに適した注文住宅とは

注文住宅を建てる際にはライフスタイルに合った設計が必要となり、生活を送るご家族全員が不便さを感じないように設計をする注文住宅とは事前に家族間で十分な話し合いを済ませることで後悔してしまう問題を解消させられます。
人によって違いはある内容になりますが、例えば楽器演奏を行う場合では専用のルームを作って完全に防音室として設計をしてもらう方法で騒音問題の起きない住宅にできます。
DIYを趣味としている方の場合、ビルトインガレージのように屋内側から直接に入ることができる作業スペースを作る方法もあります。
理想とする注文住宅とは不便さを感じずに、こだわりの設備やレイアウトを重視することに尽きるので、料理を得意分野にしている方であればキッチンスペースにお金を掛けたり、希少品のコレクターの方であれば、地下に保管スペースを作るなどライフスタイルに合わせる方法は意外と簡単です。
視界を遮らない自然的なスペースを希望した場合では、敢えて屋上を作り出す方法もあり人工芝を張るなど後から手を加える方法で最適化できます。

注文住宅の魅力的なメリットについて

注文住宅を建てるうえでの魅力的なメリットは、やはり自分たちの希望を取り入れることができるという点でしょう。
間取りをはじめとして、使用する建材や設備などを一からすべて選んでいくことも可能です。
住む人の生活スタイルに応じて趣味のスペースや書斎なども作れますし、建材の色合いや材質で自分だけの個性を反映することもできます。
こういう家を建てたいといったこだわりがある場合には、注文住宅が最適の選択肢になるでしょう。
さらに注文住宅では、家が建てられていく過程を直に見ることができるのもメリットの一つです。
建築工事の現場に足を運んで、自分の目で工事の進捗状況を確認することができます。
現場を直接確認することによって、気になることがあった場合はすぐに確かめられるのも利点です。
注文住宅は完成したら終わりではなく、ハウスメーカーの担当者とはその後も付き合いが続きます。
信頼できる業者を選ぶことで、入居した後も何かあればサポートしてもらえるつながりができるという点も魅力的です。

注文住宅の注意すべきデメリットは?

注文住宅で注意をしなくてはならないデメリットは、予算に関する問題です。
一般的に、注文住宅は予算をまず決めてから話し合いをしていくことになります。
要求する注文が多くなればなるほど、予算は大きく準備しなくてはならないです。
場合によっては、それを満たすことができない状況もあり得ます。
見積もり金額が高くなりすぎてしまって、予算内で抑えることができなくなってしまうためです。
この場合、当然ですが自分たちが理想としている住宅を実現できなくなる可能性が高くなります。
どこかで妥協点を見つけなくてはいけないのですが、それをうまく見つけることができないと快適な生活を行うことが難しくなる可能性も出てきます。
注文住宅は、知らないうちに見積もり金額が高くなってしまうリスクが存在しますのでこの点のデメリットは必ず理解しておかなくてはいけません。
見積もりが大きくなりすぎた場合は、業者とよく話し合って最も都合が良い提案をしてもらう必要がありますので、この点は知っておく必要があります。

注文住宅を建てる際の一般的な予算

注文住宅を建てる場合の一般的な予算は色々な点を考慮すると高価になってきます。
注文住宅ではなく建売などの設計方法の住宅を最初の費用のベースになります。
このベースの住宅に対して、自分の趣味であり奥様のキッチンのアイデアを設計士やデザイナーに伝えていきます。
壁紙のチョイスに関しても自分の拘りの柄や素材を選択した場合には、費用が差額として高くなってきます。
また、部屋のレイアウトや窓を大きくして開口部を大きくする希望を出したりすると、構造体にも影響が掛かってきますので大きな費用が増加になるケースがあります。
他にも、アウトドアなどを重視して大規模な土間を設けたい場合にも、床面積の土間部分の仕上げが特殊になります。
大きな費用増減のポイントとして床材も関わってきます。
突板と呼ばれる合板を利用する場合と、無垢の板を利用したり、無垢の国産材などを使用するとさらに変化が起こります。
一般的に希望を伝えると費用が増加していきますので、トータル費用を最初に伝えてから相談する方がベターな選択をする事ができます。

注文住宅の引き渡しまでの流れについて

注文住宅は購入を計画してから完成後の引き渡しを受けるまでに日数がかかります。
長い場合は半年以上かかることもありますので、全体的な流れを把握することは計画的に進めていく上でも大切なことになります。
最初は予算ですが、予算を設定するためにはどのような住宅にするのかを決める必要もありますので、この段階で住宅の大まかなイメージも必要です。
次に使用する土地が決まっていなければ土地探しをすることになります。
土地が決定すれば注文住宅を依頼するハウスメーカーの選定へと入ります。
長い付き合いになる相手ですので、いくつかのメーカーを比較して慎重に判断する必要があります。
ハウスメーカーが決まれば、注文住宅の具体的な内容を決定するための打ち合わせを、プロの意見を踏まえながら進めていきます。
見積額を確認しつつ、予算との相談もしながら行う最重要行程と言えます。
詳細が決まれば契約となり工事が着工されます。工事が完了すれば引き渡しとなります。

注文住宅にかかるコストを抑えるコツ

注文住宅の家づくりをしていると費用が大きくなりすぎてしまい、いくつかの仕様を変更しなければならなくなってしまうケースも少なくありません。
基本的に、注文住宅の家づくりはこだわりたい部分をリストアップしてから優先順位を設けるスタイルで行うことが予算オーバーを回避するためのコツに繋がりますが、延べ床面積を少なくしたり間取りをなるべくシンプルなものにして間仕切りを減らす、水回りはなるべくまとめるような間取りを考えるなどがコストダウンのコツに繋がります。
しかし、これだけで取り入れても予算オーバーになってしまうなどの場合は和室を作らない設計に変更する方法もおすすめですし、フェンスや門扉などエクステリア部分の削減も効果的です。
また、意外かと思われますが窓の数を減らしたり窓サイズを小さいものにするなどの方法もコストを抑える効果に繋げることができますし、各室の収納スペースを1か所にまとめるなどの方法もおすすめです。

注文住宅を依頼するハウスメーカーの選び方

注文住宅で信用できるハウスメーカーとかどうかを調べるときには、実績や経験が存在するかどうかを調べることが重要です。
特に、ハウスメーカーは大手の企業がサービスを提供していることが多いので、この部分を確認することによって比較的簡単に安心できる業者かどうかを判断できます。
そもそも、注文住宅を相談できる業者は一つではありません。
工務店などであっても相談できますので、他とは異なって優位性が存在するかを確認するのが1つの手段です。
わかりやすいのが、サポート面の優位性です。
工務店などと異なって大きく優れているのは、サポートが充実しているためです。
例えば、初めて相談する場合であっても業務内容がマニュアル化されていますので、どういった顧客であっても対応できる魅力があります。
わからない部分に関しては担当してくれている人が真摯に相談に乗ってくれますので、これができていない業者はそもそも選択肢に入りません。
サポート部分の良し悪しというのは、より良い業者を見つけるときに非常に重要なポイントになるので知っておく必要があります。

注文住宅のトラブルを回避するための知識

住宅展示場に行くと、営業担当者が坪単価を提示してくれることでしょう。
坪単価は本体工事費に該当しますが、注文住宅には本体工事費以外にもたくさんのコストがかかります。
そしてそのコストを知らされていなかったために、トラブルに発展する事例が多発しているのです。
たとえば住宅ローンの手続きには、たくさんの書類が必要になります。
すべての書類を揃えて不備がないように記入するのは、未経験者にとってはかなり難しいことです。
そのため注文住宅の担当者が手続きの代行を打診してくることがほとんどなのですが、手続きがすべて完了したあとに代行手数料を請求されるケースがあります。
住宅メーカーによっては手続きの代行を無料でしてくれることもあるので、手数料に関する知識を身につけておくようにしましょう。
またこれまで住宅が無かった土地に注文住宅を建設する場合は、水道の引き込み工事が必要になることもあります。
一般的に水道の引き込み工事には、数十万円かかります。
トラブルを回避するためには、住宅メーカーだけでなく水道局にも確認することが重要なのです。

注文住宅の施主が加入すべき保険は?

これから注文住宅を購入しようと考えている方が結構いるはずです。
自分の理想の家を手に入れることができますし、家族が増えてくるとマンションなどでは狭く感じてくるので、家を建てることは何も間違っていません。
注文住宅を建てた際は保険に加入する必要があります。
加入するべき保険は地震と火災です。
日本は地震大国なので震度6強や震度7の地震が発生した場合、全壊や大規模半壊の被害が生じてしまう可能性があります。
どこで大きな地震が発生してもおかしくない状況を考えると、建てたら早く加入して備えておくことべきです。
また、火災に備えることも必死です。
自分で火事を起こさなくても、近隣の火事のもらい火によって被害が生じてしまうケースが少なくありません。
もらい火の場合でも自分で対処しなければいけないので、加入していなければ大変なことになります。
数千万円の費用で建てた家なので、直すことができなくて困ることのないようにしてください。

著者:坂東淳弘

宮城県仙台市生まれ。住宅を購入する際、注文住宅について関心をもつ。購入経験をもとに、注文住宅に関する記事を書いています。

千歳 注文住宅